夜勤専従看護師

夜勤専従にお勧めな科

夜勤専従は、手当がつくので給料が高く、効率よく稼ぐ事ができるので人気のある働き方でもあります。
しかし、夜勤専従ほど、職場によって当たり外れが多い仕事はありませんね。
給料はもちろん、業務内容や仕事量は、たとえ同じ科でも病院によって大きな差があります。

 

職場を探す時、多くの方は、業務が楽そうな科、働きやすい科を中心に選択しているのではないでしょうか?
一般的に、医療行為をほとんど必要としない福祉系の職場が楽だ、というイメージがありますし、一般病院の中でも、外科系よりも内科系のほうが仕事内容が楽だというイメージがありますよね。

 

しかし、そのようなイメージだけで職場を選んでしまうと、失敗するケースが多いんですよ。
多くの病院が、夜勤の出来る看護師が不足していて、常に募集をしているというのは、その点も原因なのかもしれません。

 

たとえば、仕事内容が楽だというイメージがある、老人病院などの福祉系の職場の場合をあげてみましょう。
福祉系の職場では、看護師が不足している為、ギリギリのスタッフで回している職場が多いんです。
高齢者は、夜間の不穏が多く、職場によっては休憩や仮眠が取れない場合もあります。

 

一般病院の場合、たとえ急性期の外科系でも、スタッフが充実していれば、仕事がスムーズに進み、働きやすい職場があります。

 

実際に働いてみないと、職場の本当の状況はわかりませんが、働きやすい職場という、イメージだけの先入観を捨てる事も大切です。
たとえ忙しい職場でも、職場環境が整っていれば、働きやすい職場というのは沢山あります。
看護師転職サイを使用すれば、事前に職場環境を調べて貰う事ができますから、働きやすい条件の職場を探す事ができますよ。

緩和ケア病棟での夜勤専従

病院にはいろいろな科がありますが、緩和ケアというのは一般の方にとっては、あまり聞き慣れない科なのではないでしょうか。
緩和ケアは、終末期の患者さんが安楽に過ごす事が出来るように支援する、という目的で作られた科です。
その為、一般の病棟とは治療方針が大きく異なります。

 

一般の病棟では、命を救う事を目的としていますから、たとえ改善や治癒の見込みがなくても治療を継続しますよね。
しかし、緩和ケアでは、積極的な治療というのは一切行いません。
緩和ケアに入院している患者さんは、皆さんご自分の病状を把握していて、余命を告知されている方です。
入院する前に、患者さんご本人やご家族の医師や希望をしっかりと把握しています。
緩和ケアでは、治療ではなく、痛みの緩和や、精神状態を保つ事に重点が置かれています。

 

最近では、緩和ケアを新設する病院が増えてきていますが、少ないベッド数のところがほとんどです。
終末期の患者さんの痛みというのは相当なので、少しでも痛みを和らげる為に、数分おきに体交したり、寝起きの介助をしたりと、
仕事内容はとてもハードです。

 

夜間の急変も多く、一晩に2、3件のステルペンが重なる場合も少なくありません。

 

緩和ケアは、家族との関わりがとても大きい、というところも、一般の病棟と大きく違う点ですね。
患者さんやご家族は、神経質になっていますから、私達医療者側も、一つ一つの言動や行動には常に気を使っています。
ちょっとした一言で、患者さんやご家族を不安にさせてしまうという事もありますから、緊張感を強いられますね。

 

看護師の業務内容は大変ですが、その反面、患者さんやご家族から教えられる事も多く、人間的に成長する事ができる科だと思います。

老健・老人病院の看護師業務について教えて!医療行為はどの程度ありますか?

老健や老人病院では、患者さんや利用者の方の健康管理というのが看護師の主な仕事になりますから、
基本的に病院のような高度な医療行為は必要としません。
患者さんの状態により、必要であれば、吸引や経管栄養の管理、ストーマの管理などの医療行為を行います。

 

老健や老人病院は、多少の医療を必要とする慢性期の方々が入院や入所をしています。
リハビリなどを行い身体機能の向上や維持を目的としている施設です。
老健や老人病院のような福祉系の施設は、医療行為をあまり必要としない、と思われてます。
病院のようなバタバタした状況とは異なりますが、高齢者の方は基礎疾患を抱えていますから、突然何が起こるかわかりません。
急変やステルペンも多いですし、看護師としての仕事は沢山あります。

 

寝たきりの方の場合、尿路感染症や肺炎を起こしやすい状態ですし、脱水になりやすいんです。
命に関わる状態を引き起こす場合もありますから、看護師の私達は、患者さんや利用者の方を常に観察して、
少しの変化から異常を早期発見する事が求められます。

 

脳梗塞後の後遺症の方は、いくつもの疾患を併発しています。
インフルエンザやノロウイルスなどの感染症は命に関わる事もありますから、蔓延を防ぐ為に対策を取る事も看護師の仕事です。

 

老健や老人病院での仕事は、看護師としてのやり甲斐を感じられない、と思っている方も多いのではないでしょうか?
しかし、皆さんとコミュニケーションを取りながら、じっくりと寄り添う看護が出来る職場です。
急変などが起きた時には、いろいろな疾患を抱えているだけに、看護師としての知識や経験が必要となります。
老健や老人病院での看護師の仕事は、充分にやり甲斐があります。